FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋シーズン到来

中志津SC関係者様
 
大変ご無沙汰しております!ご存知の方も多いと思いますが、HPがリニューアルしました。http://nakashizusc.web.fc2.com/

それにともなって、大きな大会があるときには、試合結果で発表するようになりました。大変なのは、各学年のコーチさん方です。試合結果を連絡するという仕事が増えました。文章量は多くなくても、試合を振り、それを入力する手間は意外と大変な労力なんです。この場をお借りして、感謝いたします。
 
さて、9月19日は、中志津SCに所属する子供たちも多く通っている「志津小学校」の運動会でした。徒競走、リレーなど中志津キッズ同士の対決が見られたり、さすが普段から走っていることだけあって、サッカー少年たちは大活躍でした!

ほとんど知らない子でも、ちょっと見かけたことのある中志津キッズに気づくと応援したくなるのは、同チームに所属しているという心情???これから他の小学校でも運動会シーズンになりますが、おそらく中志津キッズは、大活躍でしょう?!
 
これからシルバーウィーク。でも、中志津SCにとっては、休みではなく、各学年とも秋の大会シーズンに突入です。また、結果は公式サイトで発表しますね!
スポンサーサイト

強豪チームとの対戦

今日は3年生の千葉県大会でした。
(年間数ある大会の中でも千葉県内のサッカーチームが参加する一番大きな大会です)

相手チームは千葉県の雄と言われている「柏イーグルス」。

中志津SCにとっては、これまでの歴史を振り返っても
大きな壁となっている立ちはだかる強豪チームのようです。
それもそのはず! 調べれば調べるほど、スゴい!

柏イーグルスのU-12(12歳以下)チームでは、つい最近大きな大会が
あったようですが、Jリーグ傘下のジュニア6チームを始め、全国大会
出場経験のある強豪チーム、海外チームが参加する中、全国制覇を
したようです。(参考 http://blog.prime-go.sub.jp/?eid=1133924

上記のホームページでも、下のように評価されています。
「柏レイソル、横浜マリノスも相手にならないとは、恐るべし、柏イーグルス…。」


今日は、そのチームの3年生チーム。
やはり、うまかったです。
練習から、多くの子がこれが3年生か?というくらいリフティングが上手い。
実際に試合が始まっても、個人個人の技術も上手い&早い。
攻撃も守備とも全員の動きが連動しており組織的。

ふだん、どんな練習をしているのだろうか?
毎年、それなりの結果を出しているというのは
イーグルス流の練習そのものが組織的なのか?
とにかく感心しました。

ボールに全く絡んでいない関係なさそう子もボーと突っ立っている
のではなく、自分のポジションを確認しながら動いていたり、
コナーキックやパス回しからゴールキックまでの一連の動きを
何度も同じパターンで確認しながら練習しているのかな?
と思わせる動きでした。

こういうと一方的にやられっぱなしのように聞こえるかもしれません。

が、、、中志津SCも善戦しました。

やや押し込まれるものの、覚悟を決めていたほど?押し込まれることなく、
キーパーもディフェンス陣も大健闘。

ときどき、攻撃のチャンスも作ってガンバルではないですか!
個人力では決してイーグルスと劣らない力を持っている子だっています。

ただ、ワンチャンスで1点取られ、前半終わって0-1。
これはもしかしたら、もしか?と期待させる内容でした。

しかし、後半1点、さらに1点。
結果的には、0-3で負けてしまいました。

が、子ども達も強豪チームで覚悟していたせいか?
表情は、決して暗くはありませんでした。


■今回、インフルエンザの影響で守備の要の子が抜けてしまったこと。
(今年は、他学年でもこれで泣かされることが結構あるようです)

■組織力で相手が上であったこと。
(ただこれは今後の練習で埋めることができる?!)

で、やり方しだいでは、今後の飛躍を期待させる内容でした。
ポテンシャル(潜在能力)を感じさせる内容だったな~
点差以上に実力差の開きはないのでは?
と負けてもすがすがしいものでした。

負けることは、もちろんくやしいのですが、
実力あるチームと対戦することで分かる、いまの本当の実力差
そしてそんな強豪チームチームと試合ができる幸せ感
を感じることができました。

さて、今後この子たちはどのように伸ていくのでしょう?!

でも、本当は勝っても、負けても、上手くても、下手でも、
仲間同士、いい経験ができて、幸せなヤツらだな~
と感じているのいち保護者の私だけでしょうか(笑)?!

私のダメ出し応援パターン

もうすぐ、ワールドカップですね。
最近、強化試合含め、多くの日本代表の試合をみます。

もう熱狂しますね~。

今日はそんな最近の代表の試合見ていての自分自身の失笑話です。


日本代表といえば、もう地元へ帰ればすげ~偉人なんです。
なにせ、競技人口の多いサッカーで、日本で23人しか選ばれないのですから
単純に考えても、2県に1人しか選ばれない
エリート中の超エリートですよ。

超~~~~~~~~~~~~~~
最強~~~~~~~~~~~~~に
うまいとかというレベルじゃなく、もう神様扱いされるほどの
一目置かれる超ヒーロー的存在です。

そんな代表選手に向かってテレビ越しに言っている言葉があります。 

「遅っ!!」
「もっと、前に!」
「なんで、もっと走らないのっ!」
「ダメだね~~~」
「気合が足りないよ~」
「やる気あるの?」

「なんで?どうして?」

もう、??????だらけなんです。
(今日のコートジボアール戦でも例外ではありませんでした)


あれっ??
この応援の仕方、どこかで聞き覚え、いや身覚えもあるような?!

そう中志津SCを応援しているときの私や妻と全く同じ。

私自身、一人のバカ親として、そして良き応援者として
叱咤激励(シッタゲキレイ)し、応援しているつもりだったのですが。

これでは、きっと今後も、子どもがどんなに成長しても、
褒めることは少なく、どこまでも文句言って、ダメ出しをするのでしょうね。
(特に自分の子どもには厳しく)

だって、神様レベルの日本代表選手にすら、
テレビ前で平気でダメ出ししているのですから。


で、考えてみたんです。

例えば、もし私がゴルフをやっている横で、いちいち

  「なんでミスするの?
   やる気あるの?
   ここが悪いよ。
   今度はもっと気合いいれていけよ!」

などと、親の立場を利用して?”指導とか応援という名目の元、
容赦ない勝手なお説教”をされたとしたら、、、。

そりゃ~、やる気もなくなりますよね。
 
心の中では、こちらの言い分だってあります。

 こっちだって、ミスしたくてしているわけじゃないのに。
 上手くできなかったのは、自分自身が一番分かっているのだから、いちいち言うな。
 そういうあなたは、できるの?


子どもの試合の応援をしている自分を上から客観的にみたとき
残念ながら、下記のような疑いが自分にかけられたのでした。

 自分は本当に「応援」をしに来ているのであろうか?
 あら探し、ダメ出しをするために来たのであろうか?
 私は応援団ではなく、かわいい仮面をしたフーリガンになっていないであろうか?

 このダメ出し応援パターン、ひょっとすると
 子どもに原因があるのでなく、
 ミスを責めたがる思考、子どもの過大な期待、願望からくる
 自分自身に原因があるのではないだろうか?



礼儀作法やあいさつなどのしつけは厳しくと思っていましたが。
いつの間にか、サッカーの応援が教育やしつけに変換され、
ごっちゃになっている自分がいました。

日本代表と中志津SCの子どもたちを無意識に重ね合わせながら、
そんな自分の思考の愚かさ、褒める能力の低さに
ハッと気づいたバカ親の独り言の話でした。


あなたは大丈夫ですか?


追伸
コーチの方々は当てはまりませんので、どうぞ厳しく鍛えてやってください(笑)!

佐倉市市長杯

昨日は佐倉市市長杯でした。
中志津SCの全学年が、同じ会場に集結するとても意義ある大会。

今年も多くのドラマが生まれました。

優勢に進めていたゲームなのに、
たった一発のシュートでゴールが決まり敗北したり。

PKで歓喜する子どもたちが、
次のゲームでもPKになり、
今度は負けて、崩れ落ちるような光景。

たった数十分の間に、喜びが悔しさとなり、
一日に違う種類の涙を味わう。

勝つことの喜び。
負けることの悔しさ。
ベストを尽くせなかった悔しさ。
試合に出れない悔しさ。

どれも大切なことをサッカーで学んでいる。
それは、人生の縮図を見ているよう。

コーチたちの声を聞きながら、それに応えようとする けなげな姿。
そんな「純粋さ」「喜怒哀楽に生きる大切さ」を
大人にも呼び覚まさせてくれる子どもたち。

 「勝っても負けても、
  ありがとう!
  おつかれさん」

そう言わずにはいられない一日でした。

日本代表おめでとう!

アジアカップ、熱狂しましたね!
逆転しながら、勝ちにつなげたことに感動。

そして、長友さんは世界一のクラブチーム イタリア インテルへ!

「世界一のサイドバックになる!」
と常々、言っているのを聞いていましたが、
世界一のクラブチームのサイドバックにはなりそうです。
本当にスゴイです。

スナイデル、エトー、マイコン、ミリート、サネッティ…。

もう世界の超超超超超超超超スゲ~選手たちと
一緒にプレーするかもしれない
数年前まで日本国内でさえ無名選手だった長友さん。

夢を与えてくれますね。
中志津SCキッズたちにも(笑)。


アジアカップの日本。
先取点を入れられても、負けない精神。
むしろ、先制されたからこそのタフな強い気持ち。

中志津SCキッズにもはぐくんでほしいものです。
あっ、これは、大人にも共通で大切なことでしたね(笑)。


あと、6年生ももう少しで卒業ですね!
残りわずかですが、思う存分、中志津生活を楽しんでください!!

中志津SC
中志津SC公式サイト
 リンク 
 最新記事 
 月別アーカイブ 
 最新コメント 
 カテゴリ 
 プロフィール 

中志津SC広報部

Author:中志津SC広報部
中志津SCに子どもを持つ、いち保護者。ご縁があり、HPのお手伝いをさせていただくことになりました。

 検索フォーム 

 RSSリンクの表示 
 QRコード 

QRコード